POINT1.安心の構造

せっかく家を建てるのであれば、安心して暮らせる家がいいですよね。すまいの住空間では、安心・安全の構造にこだわって施工しています。
その秘密をご紹介いたします。

すまいの住空間だからできる ”耐震構造”

地震の多い日本では、耐震構造についてよく耳にします。ここでは、"耐震構造"とは一体何なのかわかりやすくご説明いたします。

耐震構造とは

耐震構造とは

住宅を建てる時や、購入する時に皆様が気にされるのは、地震が起こった時の建物の安全性です。 特に地震の多い日本では重要な課題となっています。

建築基準法における耐震基準は、過去に大きな地震が起きるたびに改正されてきました。特に1978年の宮城県沖地震後、耐震設計法が抜本的に見直されたことで耐震設計基準が大幅改正となり、極めてまれに起こる大地震でも倒壊しないことが前提の現在の新耐震設計基準が誕生しました。これにより家の規模に応じて必要な壁の量(壁の長さ)や筋交いの強度などが改正され、家全体の壁の量(壁量強化)を増やさなければならなくなりました。この新耐震設計基準による建物は、阪神大震災においても被害は少なく、倒壊はなかったと言われています。

これを境に、「1981年(昭和56年)以前の耐震基準の建物」や「1981年(昭和56年)以降の新耐震基準による建物」といった表現がされるようになります。この新しい基準によって、家の倒壊による危険はぐっと抑えられたと言ってよいでしょう。

また、2000年には地盤調査が義務化され、より構造体も強化することを目的に補強金物の使用や壁量計算も義務付けられました。

すまいの住空間の“耐震構造”

建物の一番下部にくる基礎には「布基礎」と「ベタ基礎」があります。布基礎は建物の壁の下のみに連続して設置した基礎が支える仕組みで、床下に湿気がこもりやすいという難点があります。
一方すまいの住空間が採用するベタ基礎は建物の外周や柱の下だけでなく、底部全体を鉄筋コンクリートで支え、家の荷重を底板全体で受け止めることで建物を支えるため、負荷が分散して安定性に優れることになります。耐圧盤コンクリートは150mm以上の厚みで不同沈下を抑制します。建物を基礎から支え、安定させています。

ココがPOINT

すまいの住空間が採用する木造軸組工法は、柱や梁といった木材の「軸」で構造体を構成する工法です。耐力壁と呼ばれる筋交いなどの入った壁を家全体にバランスよく配置することで耐震性を確保しています。この壁は、地震の揺れなど水平力(横から加えられる力)に対して抵抗する壁となります。建物の4隅を耐力壁で固め、壁量が面によって偏らないようにしています。
また、木造軸組工法の場合、木材同士を組み合わせた上で、その接合部を補強金物で止めます。接合部を強固にし、地震の揺れなどで金物が外れ、接合部がバラバラになることを防止しているのです。

上下の筋交いの位置を揃えてコーナーを強化!
ココがPOINT
上下の筋交いの位置を揃えてコーナーを強化!

1、2階のコーナー部は耐力壁の位置を揃えて上から見てL字型に設けるのが望ましく、柱の位置も上下揃っているほうが良いとされています。

柱と柱の間に斜めに入れるのが筋交い!

斜めに入れることで柱が揺れなどによってゆがまないように抵抗します。左写真の2箇所の筋交いは取り付ける方向を逆にして、力の方向のバランスをとっています。

部位ごとの補強金物使用例
部位ごとの補強金物使用例

筋交いプレート: 筋交いを土台と柱に止める専用の金物。

T字型: 筋交いの上端を止めたところと柱・梁などを止める金物。

ページTOPへ

構造計算について

すまいの住空間では注文住宅・建売において、全棟構造計算を実施しています。

構造計算とは

構造計算 = 許容応力度計算

POINT1

「構造計算」とは、建築構造物・土木構造物などが、固定荷重・積載荷重・積雪荷重・風荷重・地震荷重などに対して、どのように変形し、どのような応力が発生するのかを計算する「許容応力度計算」のことを言います。

POINT2

構造計算では、耐震、耐風、構造バランスを綿密な計算の元に定めるのはもちろんのこと、地震の際の建物の傾き、ねじれ、揺れやすさについても、十分耐えうる設計を行います。
さらに、建物自体の重さ・積雪などの重さ・人・家具などの重さ、建物にかかるすべての重さと、柱・梁一本一本にかかる負荷を計算し、十分に耐えうる寸法、接合の方法を厳密に設計します。

構造計算とは

使用されるそれぞれの木材が持つ圧縮や引っ張り、曲げなどに対する強度、地震・積雪・風力に対する壁耐力などを細かく計算し、「構造計算書」をお客様の元にお届けいたします。

構造計算とは

ココが違う!すまいの住空間のPOINT

木造2階建ても全棟構造計画

現在の建築基準法では建築確認申請の許可にあたって木造2階建ての構造計算は義務づけられていませんが、すまいの住空間では木造2階建についても全棟構造計算を実施し設計の段階から耐震構造に取り組んでおります。すまいは外観や内観にとらわれがちですが構造計算をすることにより、安心できる暮らしが実現します。
建築基準法を上回る検証はすまいの住空間の徹底した方針です。

建築基準法では、木造2階建てまでの住宅は高度な構造計算を行わなくても建てられるようにと、昭和35年に、簡易計算方法「壁量規定」が設けられました。
しかし、昭和53年6月の宮城県沖地震、平成7年1月の兵庫県南部沖地震、と多くの家屋が倒壊する度に、たくさんの犠牲者を出してしまっていました。
そして、この壁量計算も大地震が起こる度に、改訂され続けています。
壁量計算で建築基準法をギリギリクリアする建物を、改めて構造計算にかけると強度が7割くらいしか出ないのが現状です。しかし、違法ではありません。
法の規準に従うだけ、法律を犯さなければよいといった安易な判断ではなく、本当に安全なすまいに必要なものを求めた結果が、全棟構造計算の実施に他なりません。

建築基準法を上回る検証

私達は構造設計事務所と連携して一棟一棟平面計画段階から綿密な構造計算を行い、独自の金物配置や耐力バランスを用いて本当に安全で確実なすまいをご提供いたします。
住宅の構造は注文住宅であればあるほどその使用材料や使用箇所によって構造条件が大幅に変わります。オリジナルの計画だからこそオリジナルの構造計算も綿密にしておかなければなりません。それはお客様が安心して暮らせるすまいをつくるための絶対要素であるとすまいの住空間は考えます。

木造2階建ても全棟構造計画
ページTOPへ